求人をシェアする
今すぐ応募する »

MCT DIFFUSION MFG ALIGNMENT ENGINEER (F15)

Hiroshima, 34, JP

ジョブナンバー  198364 

Job Summary: 

・既存のフォーラムを通じて製造オペレーション、カルチャー、基準が実践されていることを確認し、製造組織の全レベルでBKMの特定/審査・展開/実行・維持/監査を推進する。 

プロセスエリアにてネットワークBKMが実践されていること、標準化と実践の改善のため移行に伴うギャップを解消するようエリアでアラインされていること、およびTPM teamが特定したエリアからのワークステーションBKMのアラインメントがモニタリングされていることを確認する。 

自身のエリアと連携してBKM導入のコーチングスキルを身に着けるだけでなく、Manufacturing alignment engineerと連携して自身のエリアのBKM実践状態を監査する。 

   

Responsibilities and Tasks: 

Network BKM Implementation and Standardization (from SEALs): 

  • FLT BKM会議期間中に導入対象として半年毎に選定される10~20項目のネットワークBKMを展開する。このようにネットワークBKMを有効に実践することで「Big Rock Roadmap」を達成する。 

  • ネットワークBKMの要件と期待される成果を理解し、エリアに対してBMK導入要件をコーチング・トレーニングすることによりエリアレベルでのBKM実践の質を向上させる。 

  • Task Force Teamのエリアチャンピオンとリーダー、およびサイトのエリアリーダーと共にエリアの実践計画を明確にし、その計画を達成する責務をチームに課す。 

  • 担当プロセスエリアのBKM導入作業の進捗状況をリアルタイムで評価し、MCT BKM CoachにBKMの改善・最適化案を積極的に提供する。 

  • BKMプログラムとビジネスプロセスの期待される成果を達成すると同時に、これらのプログラムとプロセスで要求される基準を遵守できるよう担当エリアを管理する。 

  • 実践済みのBKMに対して、ネットワークBKM監査/アセスメントを6ヶ月ごとに10~20回実施する。 

  • データ分析やエリアチームメンバーへのインタビューを実施するだけでなく、監査結果を報告し、監査/アセスメントで挙げられたアクションアイテムを各サイトでクローズできるようプロセスエリア内で推進する。 

  • ネットワークBKMの監査結果、および監査で挙げられたギャップの解消を月次で報告する。  

  • 合意したBKMと矛盾する重複システム及び手順を特定・削除し、エリアの効率化を図る。 

  • パフォーマンスは監査結果をもとに、BKM導入スケジュールを満たしているか、およびBKMの価値を実現するような標準化が達成できているかで判断される。 

 

Area Level Alignment (from TD): 

  • サイト間でエリアの設定を標準化することで、12 month cadenceを改善するため移管中に特定されたコピースマートの適用除外をクローズできるように管理する。これは、技術やサイトのミッションの違いに関係なく最良の期間内でメソッドを全サイトに共有できているかを確認することを目的とする。 

  • ネットワーク全体でのTD移管アライメントギャップ解消プロジェクトでは、6ヶ月毎に10~20のエリアレベルアライメント項目を取り決めていく。 

  • CPEEのカウンターパートと緊密に連携して、クローズするまでの技術的な道筋(方向性の一致)を明確にする。 

  • アラインした方向性を実行に移すための要件を評価するため、各サイトにてリスクアセスメントと実践計画を作成する。また、次の技術移管の前までにクローズできるタイムラインを作成する。 

  • コピースマート適応除外に対して、アライメントの方向性とサイトのステータスを監査する。 

  • プロセスエリア/オペレーションポイントでの実践計画(スケジューリング)を推進する。 

  • クローズするまでの進捗状況をサイトリーダー、TD、MCTに報告する。 

  • パフォーマンスは、計画したタイムラインに沿ってエリアレベルの移管ギャップのアラインメントがクローズしているかで判断される。 

 

 

Drive TPM Core Team Workstation BKM Sharing: 

  • TPM core teamが毎月特定するBKMを統合し、Area Steerging Teamに提供する。 

  • 適切なTPM core teamに割り当てることができるよう、MCT TPMコーディネーターと連携する。 

  • 必要に応じてTPM Core/Steering Team会議に出席し、アラインメントのため他サイトのBKMを導入し実践要件をコーチングする。 

  • ワークステーションBKMへのTPM core teamのネットワークアライメントの追跡/推進 

  • MCT TPM コーディネーターと協力してアラインされていないか箇所を解決し、ネットワーク調整の決定が必要な場合には CPEE にエスカレーションする。 

  • アラインしたネットワーク全体でのワークステーションレベルBKMのライブラリを作成する。 

  • パフォーマンスは、TPMワークステーションBKMアラインメントステータス(アラインされた数とアライン予定の数)で判断される。 

 

  

Leadership:  

  • プロジェクトの積極的なコーチングとリーダーシップ。活動が十分に調整され、生産的であることを確認する。 

  • 担当エリアでBKMを実施するにあたり、サポートとガイダンスを提供する。 

  •  チームの強い士気とチーム精神を掻き立てる。成功を共有する。オープンな対話を促進する。チームダイナミクスを認識する。また、ポジティブな関係を構築し、ネガティブな関係に対処する。 

  • Fabグループやセントラルチームと連携して、担当エリアのアラインメントを維持する。 

  

Communication   

  • 日々の業務の優先順位との調整を確実に行うため、エリアDAM会議に出席しアライメント活動の日次計画を更新する。 

  • 週次で開催されるエリアリスクアセスメント管理委員会の会議に出席する。その会議にて、変更に関する情報を提供し、その情報をグローバルで共有する機会を評価する。 

  • すべてのアライメント活動のステータスと進捗状況をエリアに毎月報告する。 

  • MCTアライメントマネージャーとサイトエリアマネージャーとアライメント活動の方向性について定期的にアライメントを維持する。 

  • 自分のファンクショナルエリア内の関係、およびその他のファンクショナルエリア(PIE、品質システム、生産オペレーション管理、購買など)の適切なチームメンバーとの関係を強固でオープンな状態に保つ。 

  • エリア固有の知識をグローバルで共有し移行すること推進する。 

  • 問題の優先度に応じたペースでタイムリーに問題を展開・対応する。 

  • プロジェクトのステータス、進捗状況、障害/機会について、ステークホルダーやチームメンバーに情報を提供する。 

 

Training and Development  

  • R&D・製造ともに、現在のFab製造工程の最新情報を把握しておくこと。 

  • 各サイトで実践されている、自身の担当エリアのビジネス慣行を常に理解しておくこと。 

  • 自分自身や他の者にプロジェクト、会議、会話から得たアクションアイテムと目標を達成する責務を課す。 

  • 明確で測定可能、かつ部門や会社の目標に沿った個人の業績目標を設定する。 

  • コーチやメンターを活用して、キャリアアップに必要なスキルを身につける。 

  • 時間とリソースを有効に整理・活用する。 

  • 常に自身、アプローチ、目標を評価する 

  • 仕事の質の高さへのコミットメントを示す。 

  • 正確かつタイムリーに課題をこなす。 

  • 仕事、トレーニング、またはプロジェクトを完了させるために、自己のモチベーション/自発性を示す。 

 

 

Safety   

  • エリアで扱う機器やマテリアルの安全面の懸念を中心とした知識を維持する。 

 

  

Requirements 

  • 工学の学士号またはそれと同等の経験を有する者。  

  • Fabでの経験が5年以上あれば望ましい。 

  • プロセスと設備の視点を熟知している 。エリアの方式、装置、ツールに対して、経験を活かした知識がある。複数のエリアで経験があれば尚良し。 

  • 優れた英語力を持ち、サイト内のエリアチームを牽引・調整できる者。 

  • GJS: E2 & above 

 

Working Location : F15 

 

すべての候補者は、人種、肌の色、宗教、性別、性的指向、性同一性、国籍、軍歴または障害の有無に関係なく、雇用について検討されます。

米国のサイトのみ:応募手続きの支援または、合理的な調整を希望する場合には、マイクロンのHR 1-800-336-8918(または208-368-4748)までご連絡いただくか、求人情報請求フォームをご提出ください。提出先: General Contact Form


キーワード Hiroshima || Hiroshima (JP-34) || 日本 (JP) || Frontend Manufacturing || 経験者 || 正社員 || エンジニアリング || Not Applicable ||Tier 3 || 

応募書類をアップロードすると、すぐに求人情報が表示されます。

今すぐ応募する »